フィナステリド以外の発毛成分について調査しました。

発毛剤を選ぶのはとても難しいと言われていますが、薄毛が気になり始めた人にとっては最終手段とも言える大切な物なので、本当に効果があり悩みを解決できものを選びたいですよね?

fina
薄毛が気になり始めたらまずは何をするのか・・原因を探して取り除くことができるものを見つけますが、それが意外と難しく食生活や生活習慣、ストレス、喫煙、アルコールなどは分かってはいてもなかなか改心することができない人も多いのではないでしょうか?大好きなお酒やたばこをやめたり、好きな物を食べることができないことが逆に過剰なストレスとなって薄毛が悪化する人もいるので簡単に生活を見直す!なんて言ってもすぐにはできないのではないでしょうか?
出来ることはやった方が良いですし、得意食生活や生活習慣があまりにも悪いとどんなに効果的な発毛剤を使っても十分な効果が出ないこともあるのです。

ドラッグストアなどで購入できる抜け毛防止のシャンプーやトニック、育毛剤を使用してもどんどん抜け毛な進行してしまったり、すでにそんなものでは対処できないくらいハゲている場合は発毛剤を使用しないと効果がありません。
いまいち発毛剤と育毛剤の違いが分からない人が多いようで、ネットなどではどちらも同じような意味として使われていることもあるようですが、厳密に言うとこの二つには大きな違いがあるのです。
育毛剤は頭皮の血行を促進するなどの効果があり、今生えている髪を元気に育てる効果が期待でき、発毛剤はすでに髪が生えなくなった細胞に働きかけ新しい髪を育てる効果があるのです。
また、育毛剤はドラッグストアで簡単に購入できますが、発毛剤は医薬品が多いため薬剤師さんの説明を受けてから購入するか、医師の処方が必要とされている薬なのです!こんなに大きな違いがあるにも関わらず、同じ意味で使うのは危険ではないでしょうか?

そんな発毛剤ですが、とても効果が高いと言われているのが飲むタイプのフィナステリドなのですが、これは男性ホルモンの働きを抑えるAGA治療に用いられます。
その他にもたくさんの発毛成分があるので、もしひとつの発毛剤が合わない効果がない場合でも諦めることはありません!ある程度で効果がないと判断した場合は他の成分を試すことができるのです。
・塩化カルプニウム・・・塗るタイプの発毛剤で、男女ともに使用可。頭皮の毛細血管を拡張することで血流を改善し発毛効果が期待できる
・ミノキシジル・・・知名度が高い発毛剤で男女ともに使用可。血管を拡張させ一時的に血流を増加させるので心臓に負担がかかり副作用の心配があるが、効果はかなり高い
・ビディオキシジル・・・ミノキシジルに似ているて男女ともに使用可。リスクはミノキシジルよりも少ないが効果は低い
・M-034・・・ミノキシジルと同じような効果が期待でき男女ともに使用可、天然成分で作られているため副作用が少なく今注目されている

このように今まで何個かしかなかった発毛剤がどんどん増え選択肢が増えたため、何をしても効果が出なかった人でも自分に合った物を選べるようになりました。
また、AGA治療で一般的に使われているミノキシジルのように効果がすごく高いが副作用の心配がある物は、一部の人にはとても危険な場合があり心臓に病気がある人や血圧が高い人、持病や投薬中の人などはこの発毛剤を使いたくても使えないとということがあったのですが、他の発毛剤を選ぶことができるようになったため、今まで諦めていた人でも安心して使用できるようになったのです。

薄毛の悩みは日本人だけのものではなく、海外でも同じなのです!海外ではハゲている方がモテるなんて話を聞いたことがありますが、それは一部の話で多くの人ができれば髪はふさふさの方が良いと思っているようです。
その証拠に日本ではまだ承認されていない発毛成分が一般的に使われていたり、日本と同じものを使っている国も多いようです。
しかし、ミノキシジルは副作用の危険性が高いためあまり使われなくなってきたようで、それに似た効果があり安全な物が求められているようです。
日本で承認されていない発毛剤を個人輸入する人がいますが、これはとても危険なことで海外の人の体質と私たち日本人とでは違いがあり、それによって承認されていないケースも考えられるので、自己判断で使用するのは絶対にやめましょう!
自分の薄毛の原因や体質に合った物を使ってこそ発毛効果があるので、正しい選び方と使用方法なのではないでしょうか。